読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そるとあんどぺっぱー

世の中こんなやつもいる。

年はとったが大人にはなっていない

f:id:qensn:20170219025903j:plain

 

 


年はとったが大人にはなってない。

と最近思う。

 

小学生の時、早く大人になりたかった。
私にとって大人になるのが憧れだった。大人がかっこよかった。

20代なんてもう憧れだった。若い大人なんて最高じゃないか。

 

大人って自由なんだろうな、と思っていた。
友達とケンカなんてせず、誰かに怒られたりすることなく、もっとかっこいい生き方ができるんだろうな、と思っていた。

 

 

実際なってみると、そうでもない。

ケンカよりタチの悪い人間関係だってザラだ。怒られることもある。
いい大人がそんなこと…と思うことだって少なくない。

 

自分は昔より成長したかと言われると、そうでもない。

むしろ昔より融通が利かなくなったと感じる。
人の言うことが素直に聞き入れられなくなったと感じる。

 

 

我が出てきたのだろうか。
人に何か言われても自分の価値観が邪魔をする。
すぐ合理化してしまう。逃避だってする。
防衛機制の昇華なんて経験したことがない。

全然かっこよくなんてない。こんな大人になりたかったのだろうか。

 


子どもの頃の大人に対する理想はなぜあんなに高いのだろう。

 

そして、理想の大人にはなれず、子どものままではいられない私は
これからどうなっていくのだろう、とふと思う。

 

夜はこんなしょうもないことばかり考えてしまう。

 

 


年をとりたくない。