読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そるとあんどぺっぱー

世の中こんなやつもいる。

”飽きる”のプロセス

雑記

f:id:qensn:20170302233531j:plain

 

3日くらいブログを書かなくなって思ったことは、
「あ、こうやって”飽きる”んだな」ということだ。
モチベーションが下がると、人は物事に対しての興味が薄れる、その結果行わなくなり飽きるのだと実感した。

なぜモチベーションが下がったのか。
何を書けばよいかわからなくなり、”ただ毎日続けて書いている”という結果だけが残り、それに縛られていつしか苦になった。のだと思う。

習慣化すれば物事が苦では無くなると聞いたことがある。
勉強の話をする時に多用される気がする。
この話は、脳の海馬とエビングハウス忘却曲線もセットのことが多い。
エビングなんちゃらの忘却曲線は、記憶は時間を追うごとに忘れていく、ということを表した図だ。
たった10分でも生活のどこかに組み込んで、それを習慣化する。
そして毎日繰り返し記憶に残すことで、記憶の定着が行われる。
だから毎日続けることは大事なのだと。

理屈ではわかっているが、なかなかそういかないのが人間だと思う。
あったかいコタツでぬくぬくして、アイス食べて、好きなことをしてる時は楽しいし、できれば永遠そうしたい。
お金はなんとかするから仕事辞めていいよ。と言われたら辞めると思う。

ブログは書かなくなったが、ブログが嫌いになったわけじゃない。
人の書いたブログはしっかり読んでいた。
自分が書いたのよりはるかにおもしろい、読みやすい。
そして読んでる内に自分も書きたくなった。


また書いていこうと思う、気楽に。